何をしてくれるのか

よく任意後見人と言う言葉を耳にする事が有りますが、実際には任意後見人とは何をしてくれるのかはよく分からない人も多いのではと思われます。任意後見人とは例をあげると高齢者が認知症になったり、生まれ以ての持病で日常生活に大きな支障を抱えている人の代わりに経済面の管理や日常生活に不自由が無いかどうか無事に日常生活を送れてるかどうかの確認をして定期的に家庭裁判所に報告をする人の事を言います。

観葉植物04

 

任意後見人になるには家庭裁判所に任意後見の申し立てをして家庭裁判所の承認を得なければいけませんが、その際にお金の管理能力や被後見人との関係や行動に不審な点が有ると承認が得られない場合も有ります。そして裁判所の承認を得た時点で被後見人の財産の管理をする義務を負う即効型の制度で、金融機関での各種手続きやライフラインの手続き日常生活に必要な物の支払いなどを被後見人に代わって行わなければいけません。

 

 

被後見人の財産を預かる事から承認までの審査も厳しく任意後見人になる人の多くが弁護士など法律に詳しく社会的にも信用の有る仕事をしている人がなる事も多く、更に即効型でないと被後見人の生活を守れない事から身内以外はなる事は殆ど見られないのが特徴です。

Comments are closed.