任意後見人とは

まず後見人とは被後見人である未成年者および成年被後見人の保護に必要な事務の全てを行う者を言います。

 

任意後見人とは自らの判断能力が不十分になった場合に生活の補助などを目的として定める自らの後見人のことです。

 

これは任意後見契約によります。

 

任意後見契約とは任意に選んだ相手に対して自己の生活の補助、療養看護および財産管理に関する代理権の全部または一部を付与しておく契約のことです。

 

判断能力があるうちに能力が衰えた際の生活や財産管理の在り方を自らの意思で決めることを可能にします。

 

任意後見契約は公正証書によって行います。

 

また任意後見監督人が選任されたときから効力を生ずるという旨の事柄が定められなければなりません。

 

任意後見契約に関する法律の役割は、任意後見契約の方式、効力共に任意後見人に対する監督について定めるということになります。

 

精神上の障害により事理を弁識する能力にかけたものについては民法上の成年後見の制度がありますが、この法律はあらかじめ能力が欠けた後の生活の補助、看護、財産管理に関する事務を委託する委任契約がなされることを想定し、一定の形式、内容がある委任契約がなされた場合について家庭裁判所が特別の役割を担うことなどを定めています。

Comments are closed.