メリットとデメリット

さまざまな要因によって判断力が低下し、財産などを適正に管理することができなくなった人に対し、その人の財産を管理する人を定める制度を成年後見制度と言い、任意後見と法定後見の二種類があります。

 

任意後見とは、本人が正常な判断ができる間に、本人が後見人を決めておくものです。公正証書を作成しておき、判断能力が無くなってきた時には家庭裁判所に申し立てを行います。家庭裁判所では任意後見監督人を選出し、その人が任意後見人を監督します。任意後見の一番のメリットは、自分の好きな人を後見人にすることができるという点です。また、内容も自由に決めることができます。

 

葉01デメリットとしては、本人が正常な判断力があるうちでないとできないこと、死後の財産管理については依頼できない、取り消し権がないなどがあります。法定後見とは、すでに判断能力に衰えが見られる人に対し、親族などが家庭裁判所に申し立てを行って後見人を定める方法です。メリットは、契約などの取り消しを後見人ができる取り消し権があることや、裁判所によって信頼できる人間が後見人に選任されることなどがあります。デメリットとしては、費用がかかることや、認められるまでに時間がかかることなどがあります。

Comments are closed.