任意後見監督人とは

任意後見監督人というのは、任意後見人を監督する人のことです。

 

そもそも後見制度には、法定後見と任意後見の2種類があります。法定後見とは、判断力が無くなってから行う後見のことです。

 

一方、任意後見というのは、判断力が衰える前の段階で、将来判断力がなくなった時のために、財産管理などを自分に代わって行ってくれる人を予め決めておく制度のことです。

 

本人と任意後見人は、任意後見契約を交わします。これは委任契約の関係になります。

 

公正証書も必要となる法的な契約です。この任意後見契約は、法定後見とは異なり、比較的自由度の高い契約が可能です。

 

しかし、なんでも自由に契約できる訳ではありません。例えば、本人の死後の処理はできません。

 

結婚、離婚、養子縁組などの一身専属的な権利の行使も後見人に依頼することはできません。

 

こうした任意後見人の仕事を監督するのが、任意後見監督人です。

 

任意後見人は、任意後見監督人を通して、家庭裁判所に、業務の報告をしていくことになります。

 

任意後見監督人になるには、任意後見人と同様に、特別な資格を必要としません。

 

しかし任務の重要さから信頼できる人物である必要があるのはいうまでもありません。

 

最近では、弁護士や司法書士などのプロに依頼するケースが増加しています。

 

親族に依頼するのに比べて費用は掛かりますが、法的なトラブルが起きた時にも、安心というのが魅力となっています。

Comments are closed.