費用について

成年後見人とは、法定後見人制度と任意後見人制度があり、高齢者で認知症などが進み自らが判断することが困難な人に対して財産等の管理を行う人です。
高齢者になると、認知症などの病気が進行することがあり、自らで適切な判断をすることが困難になってしまうことがあり、遺産相続にかかる財産分与などの重要なことであっても自ら判断できないのであれば成年後見人制度を利用して適切に処理することができます。
遺産相続する場合は、公正証書遺言などがあり、自らが公証役場に趣き公証人に遺言書を作成してもらうことができます。
公証人は、司法試験を合格し、裁判官・検察官・弁護士などを経験した人から選任されているので、法律のプロフェッショナルなので、遺言書を作成する場合に必要となる法律的な知識なども説明してくれるので安心です。
また、公正証書遺言は遺言書として一番効力の高い遺言書となるので、遺産相続を行う者と立会人2人が署名し印鑑を押し、公証人も署名押印します。
作成した原本は公証役場で保管され、写しを依頼者に渡すことになるので、公正証書遺言を誤って紛失した場合でも、原本が公証役場に保管されているので安心です。
公正証書を作成する費用は、相続する金額によって変わっており、100万円以下は5,000円となっており、金額が上がるたびに費用が上がっていきます。”

Comments are closed.