Archive for the ‘未分類’ Category

メリットとデメリット

さまざまな要因によって判断力が低下し、財産などを適正に管理することができなくなった人に対し、その人の財産を管理する人を定める制度を成年後見制度と言い、任意後見と法定後見の二種類があります。

 

任意後見とは、本人が正常な判断ができる間に、本人が後見人を決めておくものです。公正証書を作成しておき、判断能力が無くなってきた時には家庭裁判所に申し立てを行います。家庭裁判所では任意後見監督人を選出し、その人が任意後見人を監督します。任意後見の一番のメリットは、自分の好きな人を後見人にすることができるという点です。また、内容も自由に決めることができます。

 

葉01デメリットとしては、本人が正常な判断力があるうちでないとできないこと、死後の財産管理については依頼できない、取り消し権がないなどがあります。法定後見とは、すでに判断能力に衰えが見られる人に対し、親族などが家庭裁判所に申し立てを行って後見人を定める方法です。メリットは、契約などの取り消しを後見人ができる取り消し権があることや、裁判所によって信頼できる人間が後見人に選任されることなどがあります。デメリットとしては、費用がかかることや、認められるまでに時間がかかることなどがあります。

費用について

成年後見人とは、法定後見人制度と任意後見人制度があり、高齢者で認知症などが進み自らが判断することが困難な人に対して財産等の管理を行う人です。
高齢者になると、認知症などの病気が進行することがあり、自らで適切な判断をすることが困難になってしまうことがあり、遺産相続にかかる財産分与などの重要なことであっても自ら判断できないのであれば成年後見人制度を利用して適切に処理することができます。
遺産相続する場合は、公正証書遺言などがあり、自らが公証役場に趣き公証人に遺言書を作成してもらうことができます。
公証人は、司法試験を合格し、裁判官・検察官・弁護士などを経験した人から選任されているので、法律のプロフェッショナルなので、遺言書を作成する場合に必要となる法律的な知識なども説明してくれるので安心です。
また、公正証書遺言は遺言書として一番効力の高い遺言書となるので、遺産相続を行う者と立会人2人が署名し印鑑を押し、公証人も署名押印します。
作成した原本は公証役場で保管され、写しを依頼者に渡すことになるので、公正証書遺言を誤って紛失した場合でも、原本が公証役場に保管されているので安心です。
公正証書を作成する費用は、相続する金額によって変わっており、100万円以下は5,000円となっており、金額が上がるたびに費用が上がっていきます。”

手続きの流れ

さまざまな要因により、判断力が衰え、自分で財産管理する能力が損なわれた時に、後見人が代わって財産を管理することができる成年後見制度は、近年利用する人が増えています。成年後見制度には、任意後見と法定後見の二種類があり、それぞれで手続きの方法などが異なります。
任意後見は、自分がまだ判断力も正常で、財産管理能力があるうちに、後見人を指定しておく方法です。手続きとしては、まず後見を依頼する人を選び、公証役場で契約書を作成します。すると法務局に登記され、必要に応じて証明書を発行してもらうことができるようになります。その後、依頼した人の判断する力が失われた時に、家庭裁判所に申し立てをします。家庭裁判所で認められれば、任意後見の開始となります。
法定後見は、本人に判断能力が無くなった後に申し立てを行い開始されるものです。まず、財産を管理する能力などが失われたと思われるようになった場合、家族などが家庭裁判所に申し立てを行います。家庭裁判所では、申し立て後に、調査を行います。その後、適任と思われる人物を成年後見人として選任します。
自分で将来の後見人を選びたい場合には任意後見が適していますが、契約の取り消しができる権利などは法定後見の後見人のみに認められています。

任意後見と法定後見の違い

成年後見人制度には、「任意後見」と「法定後見」の2種類がありますが、これらはそれぞれ以下のような特徴があります。

任意後見は、後見人制度を利用する本人が親族や友人、弁護士、司法書士などの信頼のおける人物を任意で指名し、将来後見人として支援してもらう契約を締結しておく制度で、必要なときに本人が家庭裁判所に申し立てることで後見人による支援を受けられます。
任意後見契約を締結するには、本人が現時点で十分な判断能力を持っている必要があり、公証人役場で公証人の立ち会いの下で公正証書として契約書を作成し、これを法務局に登記することで契約が正式に締結されます。
そして、本人が認知症の症状を自覚したときなど判断能力に不安を感じたときに、家庭裁判所に申し立てれば、家庭裁判所によって後見人の仕事を監督する任意後見監査人が任命され、契約書で定められた法律行為を後見人が行うことになります。

}PgžxQ

 

これに対して、法定後見は、本人の判断能力が低下したときに法律行為の支援を行う後見人を家庭裁判所が選任する制度で、親族などの関係者が家庭裁判所に申し立てて認められれば、裁判所に選任された後見人による支援が開始されます。
この制度では、後見人が行う支援内容を本人の判断能力の状態に応じて柔軟に変えることができます。

このように、任意後見は将来のために本人が後見人を指名しておく制度、法定後見は本人の判断能力が低下した場合の措置という意味合いが強い制度といえます。

報酬について

任意後見制度では、事前に将来後見人としての支援を依頼する人物と話し合い、任意後見人契約の内容をまとめた契約書を公正証書として作成する手続きが必要です。
このため、任意後見人には、事前に後見人との話し合いで決めておいた報酬額が契約書に記載された通りに支払われることになります。

 

 

任意後見契約では、親族、友人、弁護士や司法書士などの専門家など様々な人物と契約が可能ですが、一般に、身内の場合には無報酬で引き受けることが多く、親しい友人ならばお礼程度の少額の報酬を支払う場合が多いようです。
また、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する場合には、管理する財産の額や支援する法律行為の内容、事務処理の労力などを総合的に判断して報酬額が提示されるのが一般的で、その算定方法は各事務所が独自に基準を設けているようです。
基本的な報酬額を月額3〜5万円程度に設定している事務所が多いようですが、1000万円を超える高額の財産管理が必要な場合には財産管理事務が複雑になるので、報酬額もその分だけ高くなります。

}PgžxQ

 

任意後見制度では、将来のために後見人と契約を済ませておき、判断能力の低下を自覚した本人や関係者が家庭裁判所に申し立て、後見人を監督する任意後見監督人が裁判所に選任されることによって契約書の効力が発生する「将来型」で運用される場合が多いですが、「将来型」で運用する場合には、契約書の効力が発生して後見人が支援を開始した段階で報酬の支払いも始まります。
なお、任意後見監督人にも報酬を支払う必要があります。任意後見監督人の報酬は、裁判所の決定により本人の財産から支払える範囲内で相応の額を支払うことになります。

 

何をしてくれるのか

よく任意後見人と言う言葉を耳にする事が有りますが、実際には任意後見人とは何をしてくれるのかはよく分からない人も多いのではと思われます。任意後見人とは例をあげると高齢者が認知症になったり、生まれ以ての持病で日常生活に大きな支障を抱えている人の代わりに経済面の管理や日常生活に不自由が無いかどうか無事に日常生活を送れてるかどうかの確認をして定期的に家庭裁判所に報告をする人の事を言います。

観葉植物04

 

任意後見人になるには家庭裁判所に任意後見の申し立てをして家庭裁判所の承認を得なければいけませんが、その際にお金の管理能力や被後見人との関係や行動に不審な点が有ると承認が得られない場合も有ります。そして裁判所の承認を得た時点で被後見人の財産の管理をする義務を負う即効型の制度で、金融機関での各種手続きやライフラインの手続き日常生活に必要な物の支払いなどを被後見人に代わって行わなければいけません。

 

 

被後見人の財産を預かる事から承認までの審査も厳しく任意後見人になる人の多くが弁護士など法律に詳しく社会的にも信用の有る仕事をしている人がなる事も多く、更に即効型でないと被後見人の生活を守れない事から身内以外はなる事は殆ど見られないのが特徴です。

どんなときに必要になるのか

任意後見契約とは、自分自身が十分な判断力があるうちに、将来、判断能力が不十分になったときのことを考えて、前もって自分が選んだ代理人らに自分の生活、看護や財産などに関する事務について代理権を与えることです。

 

この契約は、本人の作成した公正証書が必要であり、契約締結後公証人からの依頼により法務局に登録されます。

 

申立て後、2ヶ月から3ヶ月で任意後見監督人選が選ばれます。近年、移行型では事務契約で財産の管理を行えますから、任意後見監督人の監督を免れようなどの不法な意図でわざと選任の申請を行わないなどの巧妙なケースも出てきています。

観葉植物03

なので任意後見人は倫理意識を高くもっている人にお願いしたり、人間性を信じられる人を選ばないといけません。

 

任意後見契約作成の過程で、本人が公証役場に出向くのが困難な場合は、公証人がご本人様のいるところにどこにでも出張してくれます。この場合、基本手数料などが加算されます。日当及び交通費を実費で払う必要があります。法定後見と比べても移行型は自身の決めた意思が働くという半面、任意後見には取消権がないので悪徳商法などの被害にあった場合そのことに対する対処が難しくなってしまう一面もあります。

任意後見監督人とは

任意後見監督人というのは、任意後見人を監督する人のことです。

 

そもそも後見制度には、法定後見と任意後見の2種類があります。法定後見とは、判断力が無くなってから行う後見のことです。

 

一方、任意後見というのは、判断力が衰える前の段階で、将来判断力がなくなった時のために、財産管理などを自分に代わって行ってくれる人を予め決めておく制度のことです。

 

本人と任意後見人は、任意後見契約を交わします。これは委任契約の関係になります。

 

公正証書も必要となる法的な契約です。この任意後見契約は、法定後見とは異なり、比較的自由度の高い契約が可能です。

 

しかし、なんでも自由に契約できる訳ではありません。例えば、本人の死後の処理はできません。

 

結婚、離婚、養子縁組などの一身専属的な権利の行使も後見人に依頼することはできません。

 

こうした任意後見人の仕事を監督するのが、任意後見監督人です。

 

任意後見人は、任意後見監督人を通して、家庭裁判所に、業務の報告をしていくことになります。

 

任意後見監督人になるには、任意後見人と同様に、特別な資格を必要としません。

 

しかし任務の重要さから信頼できる人物である必要があるのはいうまでもありません。

 

最近では、弁護士や司法書士などのプロに依頼するケースが増加しています。

 

親族に依頼するのに比べて費用は掛かりますが、法的なトラブルが起きた時にも、安心というのが魅力となっています。

任意後見人とは

まず後見人とは被後見人である未成年者および成年被後見人の保護に必要な事務の全てを行う者を言います。

 

任意後見人とは自らの判断能力が不十分になった場合に生活の補助などを目的として定める自らの後見人のことです。

 

これは任意後見契約によります。

 

任意後見契約とは任意に選んだ相手に対して自己の生活の補助、療養看護および財産管理に関する代理権の全部または一部を付与しておく契約のことです。

 

判断能力があるうちに能力が衰えた際の生活や財産管理の在り方を自らの意思で決めることを可能にします。

 

任意後見契約は公正証書によって行います。

 

また任意後見監督人が選任されたときから効力を生ずるという旨の事柄が定められなければなりません。

 

任意後見契約に関する法律の役割は、任意後見契約の方式、効力共に任意後見人に対する監督について定めるということになります。

 

精神上の障害により事理を弁識する能力にかけたものについては民法上の成年後見の制度がありますが、この法律はあらかじめ能力が欠けた後の生活の補助、看護、財産管理に関する事務を委託する委任契約がなされることを想定し、一定の形式、内容がある委任契約がなされた場合について家庭裁判所が特別の役割を担うことなどを定めています。